更年期と更年期障害で気を付けること

更年期は、何歳くらいでくるものなのか?

更年期は、日本人女性の閉経年齢が50歳前後のため、個人差はありますが、多くは40代後半から50代前半の時期が目安になります

 

更年期障害1枠なし

更年期や閉経を迎えることは、自然な現象です。ただし、更年期であることと更年期障害であることはまったく異なる問題です。

 

更年期障害も、中高年の女性なら誰もが経験しうることです。ところが最近、40代前半にもかかわらず、更年期障害のような症状を訴える女性が増えています。

 

 

 

更年期障害の症状とは

 

加齢に伴う卵巣機能の低下によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り、それによって心身にさまざまなこのような不快な症状が現れます。

 

 

身体に出てくる症状
@のぼせ
Aほてり(ホットフラッシュ)
Bめまい
C頭痛
D全身倦怠感(だるさや疲労感)
などです。

 

 

精神的に出てくる症状
@気持ちが落ち込む
Aやる気が出ない(無気力)
B不安を感じる
C憂鬱である
などです。

 

 

更年期障害の症状は非常に多様で、上記以外にもさまざまな問題が生じることがあります。
心身に今までにない異変や、何らかの不調が生じている場合は、更年期であるからと我慢せず、医療機関に相談しましょう。

 

 

更年期障害と誤解されやすい病気として、更年期うつ病があります。

 

更年期はうつ病が発症しやすいことが知られています。
更年期の女性は、身体的に変化が起きるだけでなく、両親の介護問題や子どもの独立といった家族環境の変化、職場での地位の変化、老後への生活・経済的変化といった社会環境の変化を余儀なくされる時期にもあたります。
女性ホルモンの低下そのものによって直接的にうつ病を引き起こすことはありませんが、環境的にもうつ病が起こるリスクが高くなっているのです。

 

加えて、更年期のうつ病に更年期症状を合併しているケースがあることにも注意が必要です。

 

 

 

 

更年期に本格的に入っていく前にも、様々な症状が出る場合もあります。

 

 

 

「まだ更年期障害の年齢じゃないのに……」と思っていても、症状を調べてみると、まさしく更年期障害だった場合、

 

いまから更年期に入っていく前の症状の可能性もあります。

 

 

更年期に入っていく前の状態になる様々な症状の原因は過労やストレスだといわれています。

 

 

更年期に向かって体がシフトしていく時期のことで、40代前半の人がそれに当たります。

 

40代前半の女性は、会社では責任のある仕事を任されたり、家庭では家事・育児の中心であることを求められたりと、心身ともに多くのストレスに晒されています。

 

そのために生活リズムも不規則になりがちで、疲労が溜まっていたり、睡眠不足が続いていたり、太りたくないからと食事を制限して栄養が偏ったり、栄養不足になっている人もいます。

 

 

強いストレスが続いていると自律神経が乱れて、女性ホルモンの分泌にも影響することが出てきます。

 

プレ更年期での心身の不調は、加齢もひとつの要因ではあるものの、ストレスや栄養の偏り、生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの崩れが主な原因と考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

更年期障害の改善方法

更年期障害改善

 

 

更年期障害の改善方法には、生活習慣を整えることが重要です。

 

具体的には下記のようなことがよいと考えられます。
@運動を習慣化する
A食事療法を行う
B規則正しい生活を心がける
C過度の飲酒や喫煙は避ける

 

 

この中でも食生活は、少しの手間で改善できます。
とくに朝食は、1日のエネルギー源になる大切なものですので、朝食抜きはやめるべきです。
そして、1日3食、栄養のバランスがとれた食事をとることを心がけましょう。

 

 

これらの改善方法を行いながら、更年期障害に有用とされている治療法としていくつかの薬物療法があります。
代表的な方法として、ホルモン補充療法・漢方薬・抗うつ薬・安定剤などです。

 

 

 

これらの薬物療法は、体のバランスを整え、心と体を健康にすることを目的とした治療法です。

 

ほてりやのぼせといったホットフラッシュがある方で、症状が多岐にわたっている方に適しているとされています。

 

抗うつ剤・安定剤
抑うつ気分は多くの方が更年期に経験する症状です。精神的な変化だけでなく、ホットフラッシュといった身体的症状にも効果が期待できます。

 

 

 

睡眠や休息が十分にとれなかったり、ストレスを溜め込んだりしていると、自律神経が乱れてホルモンの分泌にも影響します。
ストレスを上手に解消できるよう、1日のなかでリフレッシュする時間をつくることも大事です。
体の不調は「このままの生活を続けていたら重大な病気につながりますよ」というアラームです。

 

更年期前の症状や、これからやってくる更年期での不調を軽減するためにも、規則正しい生活リズムを取り戻していきましょう。

page top