ヒアルロン酸とコンドロイチンについて

ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

昨今、健康食品や美容サプリメントなどでよく耳にする、ヒアルロン酸とコンドロイチンとは、どういう成分なのでしょうか。

 

コンドロイチンはムコ多糖類で、ヒアルロン酸とは互いに関連がある物質です。
加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。

 

サプリメントに用いられるコンドロイチンは、ヒアルロン酸を原料としています。

 

動物体内にはもともと存在する成分で、特に軟骨に豊富に含まれています。
軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。

 

 

コンドロイチンと同様、人体のあらゆる箇所に存在している保水成分がヒアルロン酸です。
体内の保水が重要な部分にヒアルロン酸は多く存在しており、特に皮膚や関節、目の硝子体に高濃度のヒアルロン酸があります。

 

 

年齢を重ねるとヒアルロン酸やコンドロイチンの体内量が減少し、身体は保水力を失っていきます。

 

皮膚中のコンドロイチンやヒアルロン酸は、40歳頃から格段に減ってしまいます。

 

体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります。
これから先も、コンドロイチン、ヒアルロン酸は健康補助食品などに配合されることでしょう。

 

コンドロイチンが不足すると、どうなるのか?

 

体内でコンドロイチンが不足してくると、いろいろな症状を引き起こします。
食事で摂った栄養素は、腸から血管に入り、コンドロイチンとコラーゲンの層を通過しながら各細胞に届けられる、という仕組みになっています。

 

コンドロイチンとコラーゲンの層がやわらかさを失っていると、栄養素は通過時に各細胞にしっかり行き渡らず、体の細胞を老化させてしまうことになります。
コンドロイチンとコラーゲンの層を通過するのは細胞にある老廃物も同じで、その後排出されます。

 

それでコンドロイチンの不足は、体全体の新陳代謝を悪くすることにつながります。

 

コンドロイチンが足りていないと、軟骨はその弾力性、保水性を失い、それで関節痛を起こすことにもなるのです。

 

コンドロイチンは成長期は体内でも生成されているのですが、25歳をピークにコンドロイチンの体内生成量はだんだんと下降していきます。

 

コンドロイチンの体内生成量が低下してくると老化が始まり体のあちこちにトラブルがおこってくるのです。

 

コンドロイチンが不足しているかどうかは、耳を触るとわかります。

 

本来とてもやわらかい外耳は、軟骨でできていますが、この外耳が硬いとしたら、それはコンドロイチンが不足していることが原因なのです。

 

肌だけではなく、頭皮や関節など全身の老化に影響を及ぼすのがコンドロイチンの不足です。
自分なりに普段から意識してコンドロイチンの不足をチェックしてみて、早めの対策で体のトラブルを未然に防ぎましょう。

 

 

コンドロイチンのサプリメントが注目されている理由

 

コンドロイチンに対する注目や関心は高くなってきており、コンドロイチンのサプリメントがたくさん販売されるようになってきています。

 

コンドロイチンのサプリメントに関心が集中するのはどういう理由からでしょうか。

 

少子高齢化社会となってゆく日本の社会は、高齢者の数が増える方向にあります。
しかし、これからの日本で大切なのは介護される人を減らすこと、増やさないこと、高齢者が元気でいることなのです。

 

これからの日本の目標として考えられるのは、病気や怪我の期間をできる限り短くしてゆくことです。

 

老人が寝たきりと言われる状態に陥る理由として、骨折や関節症などがあげられます。
骨折することで歩行が難しくなってしまい、それを契機に要介護の状態になってしまうのです。

 

骨折により出歩くことが困難になると認知症など症状が出てくる場合もあるのです。

 

コンドロイチンのサプリメントを利用すれば、高齢になってもなお自分自身の足で元気に行動できるように、自身の骨や関節を守ることができます。

 

コンドロイチンのサプリメントは、高齢化が進む日本にあって、年を取っても元気でいられることから注目されているのかもしれません。

 

コンドロイチンの摂取については、肥満の心配がぬぐえない食品による摂取ではなくて、サプリメントを利用して必要な量を摂取するという方法がおすすめです。

 

コンドロイチンのサプリメントを上手に使うことで、関節痛や骨折の予防を心がけ、老後の人生を介護不要のものとしたいものです。

page top