セルライトは、脂肪から出来ていると思っていませんか?

セルライトって、脂肪からできていると思っている人、必見です!

太もものセルライトをつまむ女性

実は、セルライトって女性のほとんどの人にみられます。

 

勘違いしている人も多いのですが、決して肥満の人だけに見られるわけでもなく、思春期以降に太った人から、痩せたひとまでとさまざまです。

 

ずばり、セルライトができる原因は血行不良が皮下組織で起こったことが原因です。

 

それから、セルライトは妊娠線とも呼ばれます。
皮下組織が急激に増大することで起こります。
たとえば、妊娠時の胎児の成長や急に太ったりした脂肪が要因です。

 

 

短期間ダイエットでは、結果的に体重が増えやすい傾向になりがちです。
セルライトの出来やすい部分は、皮下脂肪の多い下半身部分、例としてお尻や太ももなど、上半身は二の腕に多いといわれます。
体脂肪の多い人も同様です。

 

 

太ももなどにも、セルライトが出来る人はたくさんいます。
代謝の低下や血行不良が原因ですので、肥満が原因とは一概にはいえません。

 

 

セルライトは皮膚の表面にある、ボコボコしたものです。セルライトが出来やすい体の部分は、お尻、太もも、二の腕などです。
贅肉のつきやすいところに集中しています。脂肪とセルライトが同じだと思っている人も多くいると思います。

 

 

 

実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで出来る、脂肪細胞の変性した状態の事をセルライトと言います。
セルライトは脂肪だと思っていましたが、脂肪ではないことに驚きました。

 

 

セルライトのつきやすい場所ってどんなところ!?

脂肪細胞の割合が比較的多い体の組織内で発達すると言われているのがセルライトです。
脂肪の放出や貯蔵を機能をになっているものをレセプターといいます。
脂肪細胞にこのれせぷたー(受容体)があるのです。

 

レセプターで脂肪が増えたり減ったりする中心的な役割を果たしています。
女性の太ももが痩せにくいのは、脂肪細胞の中に、このレセプターが、特に下半身に多く配置されているからです。
ですから、男性に比べて女性の太ももは痩せにくくなっているのです。

 

例えば太ももの脂肪細胞のレセプターの放出と貯蔵のバランスは均等な数ではなく、放出が1つで貯蔵が6つとなっています。
その結果、脂肪を放出するより、脂肪を貯蓄するほうが圧倒的に多くなっていることを意味しているのです。

 

ですから、必然的に太ももは体の上半身などのほかの部位に比べて痩せにくくなっていることがわかっていただけたと思います。
その理由から、太ももなどの下半身はセルライトができやすい部分なのです。
以上のことから、下半身と上半身とは脂肪に対する貯蔵、放出の機能が逆になるので、太りにくく、痩せやすいのです。

page top