健康食品の注意点を知っておこう

良く見かける健康食品の最低限度の知識

 

私たちが口から摂取するものは、食品と医薬品(医薬部外品を含む)に分けられます。

 

健康の保持や増進効果をうたった健康食品は食品に分類されます。

 

 

健康食品という用語は、法令上の定義はありませんが、一般的に健康食品とは、健康によいことをうたった食品全般のことをいいます。

 

それら健康食品は、国の制度に基づき機能性や栄養成分の機能などを表示できる保健機能食品(トクホ、栄養機能食品及び機能性表示食品の総称)と、
それ以外の健康食品に分けることができます。

 

原則として医薬品との誤認を避けるため、食品に「治る」「効く」など医薬品的な効果を表示することはできません。

 

 

 

ちなみに、サプリメントは健康食品になります。
また、サプリメントは、ある成分が濃縮されて、錠剤やカプセルなど、通常の食品とは違う形をして作られた製品をいいます。
ただし日本では、スナック菓子や飲料まで含むこともあります。

 

『サプリメント』のことば自体の意味は英語で「補助」「補充」という意味です。
あくまで、健康維持のための補助ということで、決してメインにはならないということです。

 

 

健康食品の注意点

様々なサプリメント

近所のドラッグストアなどで売られているサプリメントとは、一般的には、通常の食品よりも、「健康によい」「健康に効果がある」、「健康の保持増進に役立つ」などの表現で、販売されているものをいいます。

 

健康食品と呼ばれるものは、数多く市場に出回っていますが、購入する時の注意点がどんなことでしょうか?

 

健康食品には、成分を濃縮していたり、医薬品の成分を含んでいるものも、多くあります。

 

しかし、効果を期待して摂り過ぎたりすると、危険性も増します。

 

また、服用している医薬品との相互作用で、思わぬ健康被害が発生することもありえます。
体に不調を感じたら、すぐに、かかりつけの病院に相談してください。
病院に行くことになってしまったら、担当の医師に、「健康食品」やサプリメントを摂っていることを話しましょう。

 

 

このように、健康食品やサプリメントなど、現代では手軽に便利なものが多いとはいえ、それらばかりに頼ってしまうのは良くありません。
ましてや、薬の代わりでもないわけです。

 

 

 

 

過信は危険

「食品だから安心」、「天然成分だから安全」と思い込んでしまうことは誤解ですし、危険です。

 

なぜなら、天然成分由来の健康食品でも、アレルギー症状や医薬品との相互作用を起こすものもあるからです。
特に子供、高齢者や病人、妊産婦やアレルギー体質のある方などは、よく注意してください。

 

 

いろいろ、便利なものが出回っていますが、

 

大事なことは人間にとって大切な『健康の維持・健康の増進』の基本は、
『三度の食事をきちんとバランスよく食べる、適度な運動、十分な休養』ということです。

 

 

ですので、簡単に健康食品で栄養の偏りや生活の乱れをなおそうなどとせずに、あくまで食事や、運動、休養の質を高めるための補助的なものとして、健康食品を上手に利用することがだいじです。

 

 

 

保健機能食品制度とは

健康食品は保健機能食品制度に基づき保健機能食品とそれ以外の健康食品に分けられます。

 

保健機能食品(トクホ、栄養機能食品及び機能性表示食品の総称)については、機能性や安全性を保障するためにきちんとした定義が定められています。

 

 

 

保健機能食品制度は、
「おなかの調子を整えます」
「脂肪の吸収をおだやかにします」

 

など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)食品の場合にはその機能について、
また、国の定めた栄養成分については、一定の基準を満たす場合にその栄養成分の機能を表示することができる制度です。
それらの表示上のルールは、健康増進法と食品表示法で定められています

 

 

 

保健機能食品には、次の3種類があります。
@機能性表示食品
A栄養機能食品
B特定保健用食品

 

 

 

 

次にある、国の制度に基づかないその他の健康食品は、保健機能食品のような機能性を表示することはできません。
・サプリメント
・栄養補助食品
・健康補助食品
・自然食品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top