コンドロイチンの特徴

コンドロイチンの特徴

コンドロイチンには正式な名称があります。
それはコンドロイチン硫酸ナトリウムといいます。

 

その名前の由来はギリシャ語のコンドロスからきており、軟骨という意味になっています。

 

 

その名前の通り、コンドロイチンは関節の軟骨の部分に多く含まれているもので、たんぱく質やヒアルロン酸とともに存在して、軟骨の緩和剤になっています。

 

コンドロイチンがあるところは、脳や皮膚の結合された組織など、軟骨以外にも様々な組織の中に存在します。

 

 

コンドロイチンは腰痛や関節痛、五十肩の治療、角膜の保護など、医薬品として広く活用されています。
また、関節の健康や皮膚の保湿に効果があるので健康食品としても注目されています。

 

 

人の体以外の自然のものの中では、なめこ、オクラ、それから山芋や納豆などの食品にコンドロイチンは存在しています。
植物性の食品よりは動物性の食品の方が吸収効率がいいのですが、動物性の食品ではサメや鶏の軟骨、フカヒレ、ドジョウ、ウナギなどにしかコンドロイチンは含まれておりません。

 

しかもそんな食品はよほど多く食べなければ、体内に吸収されるほどのコンドロイチンを摂れないのです。
そんな難しい方法で摂るよりは、サプリメントなどのほうが便利です。

 

サプリメントに使うコンドロイチンは、従来牛や鯨(くじら)から取っていましたが、捕鯨ができなくなったりBSEという問題も起こりました。
そのため、現在のコンドロイチンは主にサメから取られたものになっています。

 

 

 

 

 

コンドロイチンと体の水分

コンドロイチンは水分を維持する役目を持っています。
その優れた保水力は驚異的で、たった10グラムのコンドロイチンが数リットルもの水分を保持することができるほどです。

 

 

人間は、生まれた時には豊富な水分を体内に保持しています。
コンドロイチンやヒアルロン酸の働きで体内の水分が充分たもたれているため、赤ちゃんは肌がすべすべ、ピチピチしており、若い肌にはしみやしわができにくいのです。

 

 

歳をとってくるとだんだん体内の水分が少なくなり、肌はカサつきやすくしわもでき、内臓の水分も少なくなるために免疫力が落ちたりします。
体の水分量は若年男子で60%、女子で50%程度です。

 

しかしそんな若いときはたっぷりある水分も歳とともに減っていき、25歳を越える頃からいわゆる老化が始まるようになります。

 

 

水分量は60歳をすぎると、男性で50%、女性では45%とだいぶ減ってしまうのです。
これは体内のコンドロイチンが、やはり歳を重ねるごとに減少していくからだということができます。

 

 

コンドロイチンは20歳ころから少し、50歳頃には必要量の1/20までも落ちるようです。
体内の水分とは大切なもので、それは減少すると肌にハリがなくなるばかりか、臓器の動きや血液の流れにまで影響してしまいます。
体内の水分保持をしていくことは、健康を維持し、長生きすることにもつながるのです。

 

 

 

 

 

関節痛とコンドロイチン

関節痛で痛そうな女性

コンドロイチンは強いい保水力を持っていて関節の組織を守り、関節が滑らかに動けるように作用します。
骨と骨が連結される部分は周りを軟骨が覆っており、その軟骨が触れ合うところには関節液があって、ヒアルロン酸がたっぷり入っています。

 

 

軟骨同士が滑らかに接触できると骨と骨との摩擦は極端に少なくなります。
それでいくら激しい動きをしても、関節は守られるのです。

 

 

しかし歳をとるとだんだんコンドロイチンが減少し、その機能も衰えて、軟骨のクッションの役目をする力も落ちていくのです。
関節が痛くなる原因のひとつに、コンドロイチンが不足しているために軟骨が磨り減って、骨同士がぶつかってしまうことがあります。

 

 

骨同士が当たるようになると、骨の表面を覆っている骨膜が知覚過敏になり、関節痛につながってしまいます。
関節は腕や首、それから体重を支える役目の膝などがあり、体の動きを支える大切な部分なのです。

 

 

 

コンドロイチンが体内でしっかり生成できないと、関節痛を起こすもとになってしまいます。
しかしコンドロイチンが不足するようになっても、補給すれば、元の機能を取り戻すことはできます。

 

コンドロイチンは痛みを起こす物質に吸着して痛みを抑える作用を発揮します。
コンドロイチンは関節液を補充しながら関節の細胞に作用して炎症を和らげる効果もあるようです。

page top