育毛のための栄養素

育毛のための栄養素

育毛に良いとされる栄養素はいろいろとあります。

 

髪の毛に良いとされる栄養素を摂ることは、育毛のためには重要なことです。

 

毛髪も身体と同じように、栄養バランスの偏った食事をしていると、健康に育たないといわれています。
摂取される栄養素の偏りがかなり見られるのが現代人の食生活です。

 

 

インスタント食品やジャンクフードの蔓延がその原因ではないでしょうか。
このほかの食生活の問題としては、ダイエットによる栄養に摂取不足などがあげられるでしょう。

 

 

育毛を促進する方法として、現代の食生活において健康な毛髪を維持するのに必要な栄養素を十分に摂取するのは難しい状況だといえます。

 

 

育毛のための栄養素を理解し、健康な毛髪を維持するために、必要な栄養素を効率よく取ることが重要です。

 

 

@ビタミンEが不足すると血行が悪くなってしまいます。
AビタミンEには老化を予防する働きがあります。
B肌の老化や抜け毛、肩こり、冷え性などの諸症状を引き起こす原因となります。
C血液から育毛のための栄養素が送り込まれます。

 

 

ですから血行をよくするためにビタミンEを十分に摂取するように心がけると良いでしょう。
たくさんビタミンEが含まれている食品は、レバー、牛肉、豚肉、かつお、たらこ、アーモンド、バターなどです。
積極的に食事に取り入れましょう。

 

ビタミンCビタミンEを一緒に摂取すると、育毛のための栄養素としてより毛髪に効果的に働くことができるようになります。
なぜならビタミンEの抗酸化作用が高まるからです。

 

 

ブラッシングによる育毛の方法

 

ブラッシングによる育毛の方法は、育毛を効果的に進める方法として、頭皮の血行を促進させる育毛によいという情報を耳にすることがあります。
育毛の方法として、血行促進をするためにブラッシングをするという方法は実は誤りなのです。

 

本来のブラッシングの目的は、シャンプー前に適度なブラッシングで頭髪の中のゴミなどを浮かび上がらせたり、長い髪を束ねるために行うものなのです。

 

育毛をするためにブラッシングをするというのは、決して血行促進ということが目的ではないのです。

 

ブラッシングを育毛に良い方法だと思って続けると、柔らかい頭皮を刺激続けることになります。

 

それはどんな影響を与えるのでしょうか。実は完全に毛髪組織が破壊されてしまうことがあるのです。

 

皮下の柔らかい皮下組織が痛むことが原因だといわれています。
毛髪を逆に痛めることになってしまうのが、この過度のブラッシングなのです。
育毛の方法どころか逆効果だといえます。間違った育毛方法の認識として、皮脂が育毛の妨げになるという考え方があります。

 

間違ったこのような認識によって、頭皮の皮脂を過剰に取り除いている人が案外多いようです。

 

必要以上に皮脂を除去してしまうと、ボロボロの頭皮になってしまうのです。

 

1日1回普通のシャンプーをすることが、育毛のための方法として大切なことでしょう。
清潔な頭皮を保ち、皮脂に過敏になりすぎないことも、育毛促進のポイントです。

 

 

 

薬やサプリメントによる若はげ

 

薬やサプリメント摂取により若はげになっている人も少なくありません。

 

脱毛症や若ハゲの原因として近年考えられるようになったことがあります。
それは若ハゲなどの対策用である薬や健康食品の摂取が逆に脱毛を促してしまうということです。

 

健康食品、サプリメント、プロテイン、皮膚科の薬、ハンドクリーム、美容食品などが、脱毛症や若ハゲの原因の具体例としてあげられます。

 

薬やサプリメントの使い方を間違えたり、過度に摂取したりすると、身体機能を低下させてしまいます。

 

悪い影響を頭皮に与えることがあります。そして毛髪の毛母細胞の衰弱につながってしまうのです。

 

逆に頭皮は毛髪に悪影響を与えてしまうという事例です。

 

若ハゲの対策のつもりで行っていたことが、過剰なシャンプーと同じようにマイナス要因になってしまうのです。

 

育毛に必要な条件は酸素と栄養素です。
そして若ハゲの原因には頭皮の汚れがあります。

 

髪の毛の汚れで頭皮が覆われると、皮膚呼吸が妨げられれます。

 

そうすると髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足してしまうのです。

 

髪の毛が細くなったり、毛が抜けるのは若はげの原因です。

 

酸素補給が不足すると毛母細胞は次第に弱っていきこのような原因のもとになります。

 

頭皮が汚れて毛母細胞への酸素補給が妨げられるのは、もっとも大きな若はげの原因なのです。

 

まずは正しい方法で頭を清潔にすることが、若はげの対策としては一番大切なことです。

 

サプリメントや薬を必要以上に摂取しないように注意するようにしましょう。

 

 

page top